印刷会社比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

色校正にも種類があります

最新情報・レポート

色校正にも種類があります

印刷会社に大量印刷を依頼する際にはさまざまな工程がありますが、その中でも最も重要となるのが「色校正」と呼ばれるもの。色校正とは、いわゆる「試し刷り」を行なうことで、実際の写真や色の出具合を目視で確認します。印刷物の原稿はパソコンで作られることが多く、モニタの画面上と、紙に出力されたものとでは色の見え方が異なってしまうため、より理想の仕上がりに近付けるには、この色校正の工程で確認することが非常に大切なのです。こういった色校正には、その精度などによって種類があり、目的や必要としている状況によって使い分けることが可能です。

◆本紙(本機)校正
実際に本印刷で使う紙に、本印刷用の印刷機とインクを使用して印刷する方法です。肌の色合いが大切になる人物もののポスターや、色の高い再現率が求められる商品紹介用の冊子などのデザイン・レイアウトの最終チェックには欠かせない工程です。

◆簡易校正
色校正用の用紙とインクで出力する方法です。本紙(本機)校正に比べると色の再現性は劣るため、完全に仕上がりを確認することは難しいですが、コストを抑えることが可能になるので、全体の仕上がりイメージを確認したいときや、本紙校正後に文字修正など細かい部分を確認するときにオススメの方法です。予算やスケジュールによっては、こちらの色校正だけで完了させる場合もあります。

このように、小冊子やパンフレットなど、いろいろな印刷物の制作には欠かせない「色校正」の工程。満足のいく仕上がりにするためにも、依頼した印刷会社とも相談しながら、ご自身の目的にあった方法をきちんと選択することが大切です。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7660

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

印刷会社比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。